読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旬なinformation

旬な情報をお届けします

リカちゃんの歴史





【送料無料】リカちゃん ゆめみるお姫さま ローズアメジストマリアちゃん(おもちゃ)

- タカラトミーが製造と販売を手掛ける着せ替え人形『リカちゃん』が、今年5月3日に50周年を迎えました。


リカちゃん ドレス ビジューシリーズ ドレスセット ブライトアヴェニュー

半世紀にわたって親しまれ、現在も着せ替え人形玩具で売り上げトップを誇るリカちゃん。

現在販売されているものは4代目に当たるんですね。

- 初代が登場したのは1967年で、当時のリカちゃんの髪型は外巻カールの栗色で、ミニスカートをはいていた。

開発に当たり同社では、実際に小学生の意見を聞いたり、少女漫画家の協力を得るなどして、イメージを固めていった。

その結果、ほっそりした体つきの6頭身となり、親しみやすいだけでなく、どこか寂しげな雰囲気を漂わせている少女となったようです。

実物を見てみると、目線を左にそらしている上に笑顔ではないので、いまよりもだいぶクールな印象を受ける。


  • 2代目(1972年~)になるとマグネットシューズを履くようになり、スチールの上にくっつけて立たせられるようになるなど、進化を遂げていった。


リカちゃん ドール LD-12 さらさらロングヘア

  • 3代目(1982年~)で髪型がストレートのロングヘアになり、ピアスも付けているなど、時代の流行を取り入れている。


リカちゃん ドール LD-01 すてきなリカちゃん ギフトセット

そして現在の4代目(1987~)は、髪も金髪になり、身長も1cm伸びて22cmになった。現在のリカちゃんのプロフィールは以下の通りだ。

リカちゃん ドール ビジューシリーズ ダズリンダーリン

【リカちゃんプロフィール】
名前:香山リカ(かやま・りか)
職業:学生(小学5年生)
誕生日:5月3日
星座:牡牛座
身長:142cm
体重:34kg
性格:明るくてちょっぴりあわてんぼう
好きな色:白とピンク
趣味:お菓子作り
母:日本人  父:フランス人

公式 リカちゃん完全読本 50th ANNIVERSARY [ 講談社 ]


- 50周年を迎えたリカちゃんにも、過去には強力なライバルの出現により、不遇の時代を過ごしたことがあるようです。

1993年に登場した『セーラームーン』(バンダイ)が発売されると、アニメの人気も後押しして、着せ替え人形玩具市場でトップに輝き、リカちゃんは首位の座を明け渡すことになった。

リカちゃん世代にとっては・・切ない過去があったんですね。


タカラトミー リカちゃん キラかみ リカちゃん キラカミリカチヤン [キラカミリカチヤン]

そこでリカちゃん開発陣は、これまでよりさらに登場する人形に細かな性格設定をする“キャラ付け”を徹底し、ストーリー性を重視していった。

これが功を奏し、1996年には再び首位を奪い返している。

リカちゃんには、音楽家のパパ(香山ピエール)とファッションデザイナーのママ(香山織江)がいる。

そして、4歳になる双子の妹、ミキとマキ。

さらには、1歳になる三つ子の赤ちゃん、かこ、みく、げんがいる。

そしてパパは現在、1年間の育休を取得中だ。

ちなみにパパは、『イクメン オブ ザ イヤー 2014』のキャラクター部門を受賞している。


その一方で、これまで『くまモン』や『初音ミク』など、その時代を象徴する人気のキャラクターとも積極的にコラボレーションを実施してきた。


高度経済成長期、バブル、不景気と時代の荒波を乗り越え、50周年を迎えたリカちゃん。これから100周年に向けての50年、どのような人生が待っているのだろうか。

リカちゃんの本名は「香山リカ」さん。名前の由来は加山雄三さんの「加山」と香山美子さんの「香山」から名づけられたそうです。当時加山雄三さんの絶頂期!?とても人気があった時代に反映されていることもあるそうです。



- リカちゃん誕生のきっかけとは!?

リカちゃんが誕生したきっかけは、貴重な開発ノートから「ドリームハウス試作依頼」というものがかかれていたそうで、

海外製の人形の家をつくることからはじまったそうです。

当時ダッコちゃん人形やバービー人形が流行っていて海外の人形が大きかったので「日本の女の子には大きすぎる!!」

「日本の女の子に合うサイズの人形がいい!!」ということで、ドールハウスにはいるリカちゃんが誕生したそうです。

そのリカちゃんは当時の時代によって変わる女の子の憧れを表現したもので1967年初代~今現在の4代目までさまざまなファッション・ヘアー・ドールハウスで楽しませてくれています。

リカちゃんの歴史

初代   1967年~1971年
2代目  1972年~1981年
3代目  1982年~1986年
4代目  1987年~現在


ハンカチでつくる! リカちゃんお洋服BOOK あこがれのドレスコレクション [ 荒木さわ子 ]

初代リカちゃんの時代背景&ファッション&ドールハウス

1967年~1971年の初代リカちゃんの時代背景は高度経済成長期であり「モーレツ!!」が流行。

憧れのファッションを取り入れ始める時代だったそうです。

また、ツイッギーが来日(1967年)したことによりミニスカートが大流行!!初代リカちゃんはミニスカートファッションスタイルとなっているそうです。


身長は約21センチ、ヘアースタイルは「栗色の外巻きカール」ドールハウスは当時の女の子の3種の神器①ふわふわのソファー②レースのカーテン③ドレッサーが入った「ドリームハウス(1967年)」が登場!!

1970年代にはボーリングが流行った時代でもあり、1レーンのボーリングつきドリームハウスもあるそうです!!

2代目リカちゃんの時代背景&ファッション&ドールハウス

1972年~1981年の2代目リカちゃん。初代リカちゃんとの違いは「目」。

目の星が1つから3つに変更されているそうです。

当時はローラーゲームが流行したことにより、「ホリデールックスケート」「ホリデールックスキー」「ホリデールックローラースケート」などのファッションスタイル。

ドールハウスは「パットちゃんのへんしんハウス(1973年)」など、ベッド入りのおうちになっているそうです。



3代目リカちゃんの時代背景&ファッション&ドールハウス

1982年~1986年の3代目リカちゃん。

1980年代はアイドルブームの時代で、松田聖子さん・小泉今日子さん・中森明菜さん・おニャン子クラブなどがデビュー!!

アイドルファッションのリカちゃんが登場しています。

また、野外では派手な衣装を身にまとい、ディスコサウンドで踊る「竹の子族ブーム」1985年にオープンした「すかいらーくレストラン」でファミレスが流行。

リカちゃんドールハウスにもごっこ遊びをして社会性・協調性が学べる「すかいらーくレストラン」が登場しています!!

4代目リカちゃんの時代背景&ファッション&ドールハウス

1987年~現在の4代目リカちゃん。なんと親交が1㎝伸びて約22センチになっているそうです。

1990年代後半から「コギャルブーム」となり。DCブランドから日本独自のファッションが流行。

「ガングロ」「厚底スタイル」が流行った時代です。

おそらく、私が持っていた、大好きなリカちゃんは、3代目か4代目なんだなと思います。

その当時は、ジェニーちゃん・ティモテちゃんも販売されていて、虜でした。

全部、買ってもらいましたよ。憧れでしたね。可愛い顔・サラサラな髪の毛・ファッションも大好きでした。

お年玉で、絶対買っていましたし。

こんな女の子になりたいって思っていました。

今でも大好きです!!!


そして!そして!



- リカちゃん家族&パパの裏話

リカちゃんの世界観には家族&お友達があって、浩おじいちゃん・洋子おばあちゃんそしてパパ・ママがいるんですが

初代パパは1989年、リカちゃん誕生1967年の22年後に突然現れたそうです!!

当時フランス人のパパがいる設定はあったそうですが、世の中的にもリカちゃん誕生当時は高度経済成長期でもあり、

モーレツサラリーマン時代で家にずっといないのもあったのでは!?とも言われているそうで

なんとず~~~~~っと「行方不明」となっていたそうです!!

 ちょっとびっくりですね 笑


リカちゃん ドレス ビジューシリーズ ドレスセット サンシャインピクニック

- まとめ

誕生50周年を記念してたくさんのリカちゃん情報がありましたが、初代から4代目までさまざまな時代風景とファッションが振り返れたのがとても楽しく思いました。

久しぶりに年齢関係なくリカちゃん探しもしてみたくなりました。


リカチャンを制作されている担当の方は今現在の小さなおこさまに聞きながら作られているお話もありました!!

おじいちゃん・おばあちゃん・初代パパ・初代ママ・お友達。

たくさんの大切なひとに囲まれているリカちゃんですが、まだまだこれから時代によるファッション&ドールハウスで楽しませてくれそうですね。